ホーム > 有機JASってなあに?

有機JASってなあに?

安心を追求した 「有機JAS認定」

有機野菜(有機JAS)とは?

JAS(日本農林規格)有機認定の印

有機JAS認定マークは、農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格した農林物資の製品につけられる認定マークです。
私たちはJAS法で認定された「有機農産物」の生産工程管理と小分け業(出荷)、有機加工食品(農産加工)を行っております。

有機野菜と表示してもいいのは、有機JAS認定の野菜だけ

農林水産省が認めている“唯一の”有機野菜は、JAS法に基づき「有機JAS規格」の検査認証を受けた農産物だけです。
スーパーの店頭などで「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「有機農産物」
「オーガニック」と、表示してもいいのは、有機JAS野菜だけなのです。

有機野菜の定義は?

「有機野菜」「有機農産物」等と表示するためには、

  • ・種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
  • ・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • ・遺伝子組換えの種を使わないこと
  • ・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

などの条件を満たすよう、JAS法で厳密に定義されています。
農林水産大臣に登録された登録認定機関により、書類審査と実地検査の両方を実施し、前述の条件を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができることを確認することにより行われます。認定後も有機JAS規格に基づいた生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、認定農家等の調査を行うこととなっています。

有機栽培の難しさ

なぜ、全ての農家が身体や環境に悪いと言われている農薬や化学肥料を使わずに栽培できないのでしょう。
「有機栽培」は農薬(除草剤や殺虫剤など)や安価な化学肥料が使えない為、草取りや虫取りを始めとした手間と時間(=人件費)が多くかかるのでどうしても高コストになり、現在の野菜の販売価格では「割に合わない」からです。
また、日本の高温多湿な気候は病害虫が発生しやすい為、生産性が低くなってしまうことも多く、有機栽培の難しさに拍車を掛けています。
現在、有機JAS認定されている農産物は全体の0.2%と言われています。